Why don’t you〜?を使ったフレーズ

相手に何か提案した時に使うのが「Why don’t you〜?」フレーズです。

文頭にWhyとくると普通は「なぜ」で始まるイメージが強いかと思いますが、この「Why don’t you〜?」を使うことによって、「なぜ貴方は〇〇しないの?」と相手に尋ねてたり、もしくは「あなたは〇〇した方がいい」と提案するフレーズと変化して使う場合もあります。

ではここで疑問が生まれると思います。

「今私は質問されているのか、提案されているのか?」

日本語で考えて見ましょう。

1. なぜあなたは朝食を食べないの?→朝食を食べたほうがいいよ。

少し無理やりな感じが伝わってきますね。

ここでは単純に質問されていると思って間違いないでしょう。

2. なぜあなたはお風呂に入らないの?→お風呂に入ったほうがいいよ。

2のイメージは何となくつかめましたか?

この方は少し匂いがするのでしょうか?遠回しに「お風呂に入ってこいよ」と相手に提案していることがわかります。

つまり状況を正しく読み取れば、あなたが今質問されているのか、提案されているのか判断することができるかと思います。

それでは、Why don’t you〜?を使ったフレーズを紹介して行きます。

Why don’t you〜?の例文

Why don’t you come here?

∟こっち来なよ。

Why don’t you come with me?

∟一緒に来ない?

Why don’t you do it yourself?

∟なぜ自分でやらないの?

Why don’t you Email him?

∟なぜ彼にメール送らないの?

Email ですが、最近動詞として使うことが多くなりました。

Why don’t you follow my advice?

∟ なぜ私のアドバイスを聞かないの?

Why don’t you get up so early?

∟ なぜあなたはそんなに早く起きるの?

Why don’t you listen to me?

∟なぜ私に話を聞いてくれないの?

Why don’t you read the newspaper?

∟ なぜ新聞を読まないの?

Why don’t you say something?

∟何か言ってよ。

Why don’t you stay overnight?

∟今晩は泊まっていけば?

Why don’t you try?

∟やってみなよ。

Why don’t you try to find other factors?

∟別の要因を探してみなよ。

いかがでしたでしょうか。

相手に「なぜ〇〇しないの?」と質問してみたり、「〇〇した方がいいよ」と提案してみるときに使う今回のフレーズ。是非覚えて会話を盛り上げてみましょう。