I hope〜を使ったフレーズ

「私は〇〇を望みます」「私は〇〇を願います」など自分の願望を表現したいときに使えるのが今回の表現「I hope〜」です。

「I hope」には「私は〇〇したい」、「私は〇〇やってみたい」という意味で使われることがあり、「I want to〜」と似ている部分があります。ですが、どちらかというと「可能であれば〇〇したい」という意味で、意志の強さは「I want to」よりやや劣ります。

特に難しいことはないので早速例文を見て行きましょう。

I hope〜を使った例文

I hope to be promoted soon.

∟早く出世できたらな

I hope to do better next time.

∟次はもっとうまくできたらいいな。

I hope to do  my best.

∟最善を尽くせたらと思います。

I hope to try again.

∟またやってみたいです。

I hope to visit your hometown someday.

∟ いつかあなたの街に行ってみたいです。

I hope everything will be all right.

∟ 全てうまくいく事を願っています。

I hope not.

∟そうじゃない事を願っています。

I hope so.

∟そう願います。

I hope so too.

∟ 私も同じく願ってます。

I hope today’s meeting will be fruitful.

∟ 今日の会議が良いものになる事を願ってます。

I hope you are well.

∟お元気ですか?

直訳すると「あなたが元気である事を願っています。」となりますが、日本語でいうところの「いかがおすごしですか」に近い感覚です。またメールの文頭によく使います。

I hope you  will recover soon.

∟ あなたがすぐに回復する事を祈っています。

I hope we can learn something from this.

∟ このことから何か学べるように期待しております

いかがでしょうか。

自分の願望を表現したいときに使えるフレーズ「I hope]をマスターして会話表現を盛り上げて行きましょう。