I need to〜を使ったフレーズ

「私は家に帰る必要がある」「私は明日早く起きる必要がある」こんなときに、使えるのが、「I need to」を使ったフレーズです。

あれっ?これって前回の【I have to】を使ってやらなければならない事を伝えようと同じだよね?って思われた方は素晴らしいと思います。

そうなんです!意味的にはほぼ一緒です。

じゃあ何が違うの?と思われるかと思いますが、ここでは簡単に説明します。

I have toとI need toの違いを一言でいうなら緊迫性です。

I need toの方が焦っている傾向が強いです。

また共通して言えることが一つあります。

それは自分の意思ではなく、第3者の手によって反強制的に行動しなければならないということです。

つまりは、

「私は早く家に帰らなければならない」→子供の夕食を作らなければならない為

「私は明日早く起きなければならない」→会社に支持された為

見ていただくとわかる通り、誰かのせいで自分が行動しなければなりません。

(本来やらなくても良い)

このような状況でよく使用するフレーズです。

前置きが長くなりましたが、早速フレーズを紹介していきます。

例文

I need to ask myself.

∟ 自分自身に問いただす必要がある。

I  need to concentrate.

∟ 集中しなきゃ。

I need to discus you.

∟ あなたと話し合う必要がある。

I need to focus.

∟ 集中しなくちゃ。

I need to go now.

∟ もう行かなくちゃ。

I need to grow up mentally.

∟ 精神的に成長しなきゃ。

I need to know.

∟ 知っておく必要がある。

I need to lose some weight.

∟ 少し痩せなきゃ。

I need to pull myself together.

∟ 私自身を取り戻す必要がある。

I need to save money.

∟ 貯金しなくちゃ。

I need to talk to you.

∟ あなたにお話があります。

You don’t need to push yourself.

∟ そんなに自分をを責めないでください。

 What do I need to do next?

∟ 次は何をする必要がありますか?

いかがでしょうか。

〇〇をやる必要があると言いたい時は、是非今回学んだ「I need to」を使って会話表現に繋げてください。