What if を使ったフレーズ

こんにちはJohnです。

明日テニスを予定してたんですが、台風が近ずいているので、「雨が降ったらどうしよっか?」と友達とやりとりしております。

まさに今回学習するWhat ifの形を使ってました。

もし〇〇だったらどうしますか?と相手に問いかける場合や軽く提案する時に使えるのが、What ifです。

よく使うフレーズで簡単に使いこなせるので、このページで学習してみてください。

問いかける

「もし仕事休み取れらたどうしよう?」「もし宝くじ当たったらあなたならどうする?」「もし地震が起きたらどうする」

など、相手に問いかる事ができます。もちろん、現実味のない話としても使えます。

提案する

「取引先に連絡したらどうだろうか?」「先に宿題やったほうがどうかな?」

など、提案することもできます。

ただしこちらは、How aboutと似たような意味になります。

それではフレーズをみていきましょう。

例文

Anyway,What if we try?

∟ とにかくやってみたらどうだろう。

What if I get sick?

∟ もし病気になったらどうする?

What if I say “No” instead of “Yes”?

∟ 「イエス」ではなく「ノー」と言ったらどうする?

instead その代わりに

What if it rains?

∟ 雨が降ったらどうする?

What if nobody comes tomorrow?

∟ 明日誰も来なかったらどうしよう。

What if our customers see this.

∟ 顧客がこれをみたらどう思うだろう?

customers 顧客、お客様

What if you have another chance?

∟ もし、またチャンスがあったらどうする?

What if we move the desk a little?

∟机を少し動かしたらどうでしょうか?

What if we stop this nonsense?

∟ こんな馬鹿げたことはやめたらどうでしょうか?

nonsense 無意味、くだらない