listenとhearを使い分けてみよう!

こんにちはJohnです。

皆さんはListenとHearの違いをご存知でしょうか。

恐らく学生時代に「聞く」という意味で学習したかと思いますが、それぞれの違いはなんでしょうか。

今回はListenとHearの違いについて解説していきます。

結論から話すと、それぞれの違いは意識して聞いているかの違いです。

Listen・・・意識して聞く

Hear・・・自然と耳に入る

このようになります。

なーんだこんなことか!

非常に簡単ですね!

では実際にどのように使われているかいくつか例文を見て行きましょう。

Listenを使った例文

Are you listening to me?

∟ 私の話聞いてる?(内容を理解してる?)

I’m listening to rock music.

∟ 私はロックミュージックを聴いてます。

You should listen to me.

∟ 私の話を聞くべきだ。

Hearを使った例文

Can you hear me?

∟ 私の声聞こえますか?(声が届いてますか?)

He didn’t hear what I say.

∟ 彼は私のいう事が聞こえなかった。

The co-workers met here to hear the speech.

∟ 会社の同僚たちはそのスピーチを聞くためにこの場所に集まった。

まとめ

意識して聞いているのがListen

自然と耳に聞こえてくるのがHear

となります!